投資

僕がNISAと積立NISAとiDeCoを選ぶので失敗した話

こんばんは らくいきです😆

今日はNISAと積立NISAとiDeCoについてのブログです‼️

らくいきくん
らくいきくん
僕は何も考えず開設して失敗したのでみんなには失敗してほしくないから興味ある人は是非読んでほしいよ!!
この記事でわかること
①NISAとは?
②積立NISAとは?
③iDeCoとは?
④何を失敗して結局どれが良いのか?

①NISAとは?

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。(金融庁のページから拝借しました)

簡単に説明するとNISA口座を開設してその中で金融商品を運用した場合、利益に対して通常20%の税金がかかっていましたが上限の範囲内であれば(年間120万円まで)非課税になるという制度ですね

嫁ちゃん
嫁ちゃん
あたしもNISA口座開設してるな!!

ていうか旦那に勝手に開設されたな!!

NISAは使える期間が決まっていて5年(最長10年)になっています

らくいきくん
らくいきくん
NISAの特徴は何といっても積立NISAやiDeCoと違い年間120万円運用できるところだよ!!

そのかわり期間が通常だと5年と他のものより少し短いよ!!

あと1点注意なのが証券会社によってNISA対象商品が違うから自分がNISA口座を開いてる証券会社で確認した方が良いよ!!

・年間投資上限額120万円
・株、投資信託、ETF、REITなどを運用できる
・運用できる期間は5年(最長10年)
・資産の引き出しはいつでもOK
・口座開設手数料無料
・口座管理手数料無料
・運用利益は非課税
・売却してお金を受け取るときも非課税

②積立NISAとは

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています(金融庁のページから拝借しました)

積立NISAはNISAと違ってまず運用できる期間が違います

なんと20年‼️‼️‼️‼️‼️

嫁ちゃん
嫁ちゃん
めっちゃ長いじゃねーかよ!!
らくいきくん
らくいきくん
長いよ!!

でも年間の投資上限額は40万円と少ないよ!!

月にすると約33000円しか投資できない計算だよ!!

積立NISAは金融庁で対象の商品が指定されてるよ!!

対象商品はこちら

・年間投資上限額40万円
・長期、積立、分散投資向けの一部の投資信託とETFなどを運用できる

・運用できる期間は20年
・資産の引き出しはいつでもOK
・口座開設手数料無料
・口座管理手数料無料
・運用利益は非課税
・売却してお金を受け取るときも非課税

③iDeCoとは?

iDeCoとは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い、
掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。

国民年金や厚生年金と組み合わせることで、
より豊かな老後生活を送るための一助となります。
(厚生労働所のページから拝借しました)

iDeCoは個人型確定拠出年金とも言いますね

こちらの運用できる期間はなんと加入してから60歳まで(10年間延長可能)

嫁ちゃん
嫁ちゃん
おい!! 長すぎだろう!!

10年延長したらもう婆さんだぞ

らくいきくん
らくいきくん
NISAも積立NISAも20歳以上なら年齢上限がないんだけどiDeCoだけは60歳までという年齢制限があるよ!!

他にもiDeCoはいろいろ制限があったりするよ!!

これはNISAや積立NISAとは立ち位置が少し違うので仕方ないよ!!

iDeCoも各証券会社の対象商品を確認してほしいよ!! 

・年間投資上限額は14万4000円~81万6000円(職業・加入している年金の制度により異なる)
・定期預金、投資信託、保険を運用できる
・運用できる期間は加入から60歳まで(10年延長可能)
・資産の引き出しは60歳まで原則不可
・口座開設手数料2777円
・口座管理手数料2004円~7000円位
・運用利益は非課税
・売却してお金を受け取るとき元本も含め原則課税対象(公的年金等控除の適用あり)

らくいきくん
らくいきくん
あとNISAと積立NISAは投資商品を購入した金額は所得控除の対象にならない(課税される)のに対してiDeCoは投資商品を購入した金額も所得控除の対象になるのが大きな違いだよ!!

④何を失敗して結局どれが良いのか?

嫁ちゃん
嫁ちゃん
どれも一長一短あるなー!!

とりあえずわかりやすく表にしてみました

名称 NISA 積立NISA iDeCo
年間投資上限金額 120万円 40万円 14万4000円~81万6000円(職業・加入している年金の制度により異なる)
運用できる商品 株、投資信託、ETF、REITなどを運用できる 長期、積立、分散投資向けの一部の投資信託とETFなどを運用できる 定期預金、投資信託、保険などを運用できる
期間 5年(最長10年) 20年 加入から60歳まで(10年延長可能)
資産の引き出し いつでもOK いつでもOK 60歳まで原則不可
口座開設手数料 無料 無料 2777円
口座管理手数料 無料 無料 2004円~7000円位
運用利益の課税 非課税 非課税 非課税
売却時の課税 非課税 非課税 売却してお金を受け取るとき元本も含め原則課税対象(公的年金等控除の適用あり)
らくいきくん
らくいきくん
僕なりに各制度の良さそうな所に赤線を引いてみたよ!!

短期でやるならやっぱり年間上限金額の多いNISA

毎月コツコツ積立てやっていきたいけど資金を拘束されるのが嫌な人は積立NISA

老後に完全に備える目的で毎月コツコツ積立てそのお金は動かせなくていいし、毎年所得控除受けたいならiDeCO

こうすると目的が明確になって選びやすくなるよ!!

あと注意点があってこれがNISAと積立NISAの最大のネックなんですが・・・

NISAと積立NISA、どちらか1つしか選べないのです

要するに5年間でNISAで年間120万円短期で株の売り買いをして、さらに毎月積立NISAで積立をやっていくのは不可能なんです💦💦💦

僕の場合は何も考えずIPO(新規上場株)というのがあってそれやりたさにNISAを開設しました

しかし短期勝負の株に僕はあまり向いてないと思い今年からSP500関係の積立をするのに方向転換したのですがもうNISAの口座を開設してるので積立NISAの口座を開設することは出来ないのです

嫁ちゃん
嫁ちゃん
勢いだけで生きてる人間はこういう失敗するよな!!
らくいきくん
らくいきくん
本当だよ!!

無知だったので自分で調べもしなかったのを今すごく後悔してるよ!!

なのでみんなには失敗してほしくないので今回このブログを書くことにしたよ!!

僕にしてはちょっと長文のブログになってしまったよ!!

今、政府も積立NISAの期間延長も始めようとしてるのでそういった情報もアンテナを立ててチェックした方が良いと思います‼️

興味があって開設しようと考えてる人は是非参考にしてください🙇‍♂️

最後まで読んでいただいて感謝です✨✨✨