投資

貯金するなら投資すればいい




おはようございます らくいきです

今回は投資と貯金の違いについてのブログです

結論を先に言いますと全額貯金するなら、ある程度の割合を投資に回したほうが良いと思います

それはなぜか説明していきます

らくいきくん
らくいきくん
ここから1つずつ細かく紹介していくよ




1、なぜ投資をした方が良いのか?

なぜ投資をした方が良いのかの前に現在の日本の状況の話をしましょう

現在日本はデフレだインフレだと識者によって色々意見があるようですね

ただ日本の貨幣価値がこのままということはないと思います

そして年金を始め社会保障も立ち行かなくなってきていますし、今後日本政府がどういったかじ取りをしていくのか不透明です

ですので色々な事態を想定して自分で自分の資産を守る必要性というものがこれからの時代には必須になってくると思います

バブルの頃は銀行に預けとけばそれなりに金利が付く時代あったみたいですが40代の僕もそんな時代は子供だったので全く知りません(笑)

バブルなんてもう2度来ないでしょう

銀行も経営が厳しくなってきている中、口座手数料を顧客から取るなんて話もでてきてますね

そういった世の中で銀行にただ預けとくのではなく自分の稼いだお金にも働いてもらおう

お金に働いてもらう=投資をした方が良いという考え方に結びつくのです

嫁ちゃん
嫁ちゃん
お、おう!! お前メッチャ真面目じゃねーかよ!!
らくいきくん
らくいきくん
当たり前だよ!! いつも真面目だよ!!

2、投資と投機の違い

この話は良く目にする方もいると思います

投資と投機の違いをわかってるのはすごく重要です

そうです 僕はわからず失敗しました(笑)

詳しくはこちらのブログをどうぞ

投資と投機について色々な意見があると思いますが僕の見解で説明させていただきます

投資とは基本的に有望な企業や投資信託などの賞品に長期で運用していくものです

投機とは相場の上がり下がりを利用して短期で運用していくものです

この長期、短期というのが大きな違いです

短期でも投資という方もいると思いますが短期の期間にもよると思いますが違うと僕は思います

わかりやすく株で説明しますね

まずは投資↓

例えばこの会社将来伸びそうだなーという企業の株を買ったとします

そしてその会社が毎年業績を伸ばし、その会社が利益を沢山出したとします

そうすると企業の株価は上がり、自分の保有している株の価値も高まり、企業によっては株主優待や配当金の出る所もあります

企業の成長と共に自分の利益も確保していく

企業と自分がWIN WINの関係

これが僕の考える投資という考え方です

次は投機↓

企業の株価というものは色々な条件で上がったり下がったりします

そこの上がり下がりを短期で売り買いして利益を取っていくこと

それが投機だと僕は思っています

デイトレーダーの方は比較的こっちよりのイメージです

企業を応援するという趣旨とはちょっと違うかもですね

嫁ちゃん
嫁ちゃん
おい!! ずいぶん投機に辛辣じゃねーかよ!!
らくいきくん
らくいきくん
そんなことないよ!!

でも基本的な考え方はこんな感じだと思うよ!!

僕は現在、投機はほぼやってないです

仮想通貨遊び程度のお金でやる事はあってもあまり手は出してません

それは僕は自分の失敗など踏まえて長期投資の方が向いているという結論に達したからです

逆にデイトレーダーや短期で投機株を売り買いして利益をガッツリ出してる方は尊敬さえします(FXなどやられて利益をきっちり出してる方も尊敬します)

嫁ちゃん
嫁ちゃん
まあ、お前は投機は向いてないな!!

ざっくり言ってしまえば投資は何年もかけてやっていればリスクは低め(中・長期投資)

投機は短い時間で結果を出していくのでリスクは高め(短期投資)

もちろんリスクの大きさは投資・投機に入れる金額で変わってきます

いずれにしてもリスクが全くないということはありませんのでそこは肝に銘じといてください




3、銀行貯金だけじゃダメなの?

最初に言っておきますが銀行貯金だけじゃダメな訳ではありません

あなたやあなたの家族が現在、老後なども加味してあまりあるほどの潤沢な資金があるならば銀行貯金だけどやっていくのも1つでしょう

しかし今銀行の利息はいくらですか?

雀の涙ほどの利息だと思います

特に実店舗ありの銀行の利息はひどいもんです

正直、楽天銀行などの実店舗なしの銀行の方が店舗の維持費、人件費などがかからず実店舗ありの銀行はこれから厳しい時代になっていくと思います

ですので銀行を頼りにやっていくならこれからはメガバンクだから良いとかではなくネットバンクなどもよく調べてからチョイスした方がベストですね

自分の金融資産を把握し将来や現在の支出をよく把握して果たして銀行預金だけで良いのか今一度みなさん考えてみてください

もう1度言いますが余りあるほどの潤沢な資金があるならば銀行預金だけでも良いのかもしれません(僕だったら最低でも3割は投資に回しますが)

増やす(投資)のか現状維持(銀行預金)なのか?

じゃあ増やすにしても現状維持にしても投資と銀行預金の比率はどれくらいがよいのか?

毎月収入の1割から2割投資に回せると良いのかもしれませんがその辺は家庭の事情など個人差が出てしまうので一概には言えませんね

そのあたりが難しい所です

4、実際投資したらどうなるの?

長期投資で説明していきます

僕がよく使う楽天証券の積立シュミレーションを使いますね

例えばあなたが30歳 年利6% 毎月4万円で30年間(60歳まで)運用の場合

積み立てた元本1440万円 運用利益約2525万円 合計4000万以上になります

元本の倍以上の運用益になります

嫁ちゃん
嫁ちゃん
おいおい!! 老後2000万円問題解決じゃねーかよ!!

あたながもっと若くてそんなに毎月積み立てられない!! なんて場合は

25歳 年利6% 毎月2万円で35年間(60歳まで)運用の場合

積み立てた元本840万円 運用利益約2000万円 合計約2800万円になります

こちらも元本の倍以上になりますね

嫁ちゃん
嫁ちゃん
おい!! こっちも2000万円問題解決だな!!
らくいきくん
らくいきくん
将来的な考えで長期投資していくなら、こういうやり方は本当にオススメだよ!!

毎月の積立投資で平均をとって貯めていく(ドルコスト平均法)を使うといいよ!!

5、じゃあ投資すればいいの?

投資するしないに関わらず投資に向いてない方もいます

⓵それは自己責任取れない人

⓶余剰資金でやれない人

⓷自分で調べたり勉強しない人

上記に当てはまる方は投資しないほうが良いと思います

⓶の方はまず余剰資金ができるまで頑張った方が良いと思います

例えば生活で無駄なもの(格安携帯に変える、保険の見直しなど)をそぎ落としてお金を貯めるのも手ですね

⓵、⓷の人は損した時に他人に責任転嫁します

最悪です 向いてないと思います

投資はあくまで自己責任です

ていうか全てではもちろんないですが人生大体自己責任です

僕は仮想通貨でも株でも損した時ありますが自己責任だし勉強になったと割り切りました

それくらいの気持ちはないとやってられません

特に先程例に出した長期投資なんて価格の上がり下がりで一喜一憂していたらこれまたやってられません

長期投資していると必ず金融危機(リーマンショックなど)が起こります

その時に狼狽して売却しない強い心も必要です

金融危機の時は価格が下落して安く買えると逆に喜びましょう(笑)

僕が以前にブログで書いたS&P500などのアメリカ関連の投資信託などは強いですよ

アメリカ株自体がリーマンショック後、約4年でダウもS&P500もリーマンショック前に戻っただけではなく以前より価格が上がっています

ですので機械の様に淡々と積み上げていくのを僕はオススメします

ていうか僕はもはやチャートなどあまり見ていません(笑)

そういう方にはオススメかもです

話が逸れましたが上記の⓵、⓶、⓷に該当せず狼狽売りしない強い心をお持ちの方は是非やってみてください(僕も昔は狼狽売りしまくっていました)

さて今までの文章を読んで銀行預金、投資、投機どれがあなたに合いそうでしたか?

銀行預金? それも良いでしょう

投資? それも良いでしょう

投機? それも良いでしょう(僕はできませんが(笑))

何が正解かなんてわかりませんが後悔のない選択をして現在も未来もお金に困らない生活をしたいものですね

では最後まで読んでいただいて感謝です